施主と元請と下請の関係を円滑にするトライアングル構造

優良な企業、職人の紹介

文明や機械化が発達した現代でも、

建物の良しあしを決める最後の要因は「人、職人」です。

なぜなら、どんな建物でもネジ一本締めるのも緩めるのも、

やはり人の手で行うからです。

 

JFTでは、企業や職人の見た目の判断基準だけではなく、

本当の意味で「良い仕事」「良い腕を持つ」、

施主の財産を守る上で必要な知識・経験や経歴・資格は元より、

企業の姿勢や顧客に対する真摯な応対、

そして厳正な審査を経た優良な企業や職人を、

ご希望地やご希望の建物の種類やデザインに合わせて、

その業務を保証できる企業をご紹介・推薦致します。(無料)

※企業保証については、メールにてお問い合わせください。

 

本当の意味での安心

建物を取り巻く諸問題は数多くありますがそのどれもが、

企業側の提案する契約から起こる場合が多くあります。

個人の財産を造るのにより大切な事は、

「はじめに公正な契約ありき」がとても重要です。

 

万が一トラブルがあっても、

元の契約が公正でなければ不利益になるのは施主側、発注側です。

JFT加盟企業は建築物の保証は元より、

なによりも公正なプログラムで施主との契約を進める教育を受けています。

 

また家を建築後、病気やケガ、倒産、リストラなどOB施主に万が一の時、

住宅ローンなどの負担を軽減するプログラムを提供しています。

 

そのプログラムのサポートをJFTでは行っています。

 

もしもの時、トラブル解決、不安解消

家を建てる側(企業、職人)依頼側(施主)のもっとも大きな違い、

その多くは極端な表現をすると「プロ」と「素人」です。

 

そのため思いもよらないくい違いや、認識の違いからのトラブルを未然に防ぐために

JFT加盟企業では細やかな提案をしています。

 

またJFTでは、契約から円滑な工事進行・友好的な完成引き渡しにいたるまで

任意(有料)で公正性、技術的調査、金銭的正当性などの

さまざまな不安が生じた場合に公正な立場で解決のサポートをします。

 

※これは加盟企業と未加盟企業では費用が異なります。

詳しくはメールにてお問い合わせください。

 

※JFT提携調査員について

建築に関わる各種分野のプロ、また有資格者10数名所属しています。

万が一のトラブルには現地に赴き公正な調査、判断をするためのエキスパートです。

そのために名称呼称とも非公開となっております。

 

agent

新築の一戸建てやマンション、

または、中古の住宅やマンションなどを購入・建築の依頼をするとき、

ある意味素人である顧客、施主側にはわからないことが多いと思います。

  • 「省エネ構造って?」
  • 「断熱はこれでいいの?」
  • 「長期保証って?」
  • 「国産の自然素材っていいの?」
  • 「追加工事金請求が出たけど・・・」
  • 「契約書に書いてあることがよくわからない」等々。。

このように、数々の疑問・不安があります。

 

このような疑問・不安を解消するために、

私たちJFTがご提供している住まいのエージェントプログラムでは、

第三者的立場から建築関連のプロが施主の代理人として下記の対応を行います。

 

  • 品質や性能などの建設前の事前チェック
  • 法的な契約のチェック
  • 建設後の建物や万が一の不具合があった場合の保証対象かどうかのチェック等

 

住まいのエージェントプログラムは

住まう人へ、公正で適切な情報を提案するプログラムです。

 

契約前から、引き渡し後のアフターフォローまで含め、

住まいのエージェントが「住まう人の安心」をサポートしてまいります。

 

※詳細ご希望の方はメールにてお問い合わせください。